観音寺市ホームページ

■家具の転倒防止対策をしましょう

 阪神・淡路大震災では、住宅の全半壊をまぬがれても、全体の約6割の部屋で家具が散乱したとのことです。この家具の下敷きになり亡くなられた方も多くいらっしゃいます。

 怪我をしたり、避難する先をふさがれてしまった例も多くありますので、いざという時に備え、家具の転倒防止対策をしましょう!



○こんな点に注意



1.じゅうたんや畳には背の高い家具を置かない。

背の高い家具は、柔らかい床よりも硬い床の上に置くようにしましょう。2階以上の場合は特に必要です。



2.前のめりよりも、後ろもたれ気味に置く。

家具はできるだけ垂直に置いてください。下側をわずかに前方に出して上側を壁につけておくと安心です。



3.家具の上に危険物を置かない。

家具の上にはガラスやアイロンのような危険なもの、テレビなどの重いものを置かないようにしましょう。



4.耐震金具を使用する。

耐震金具は安い保険です。使用する目的や場所に合わせてお選びください。



5.金具は正しく取り付ける。

金具は取り付け場所や取り付け方法によって「固定度」が大きく異なってきます。

 ・長い木ネジを使用する。

 ・芯材のある場所に取り付ける。



【お問い合わせ先】

危機管理課防災企画係

Tel:0875-23-3940

Fax:0875-23-3920




観音寺市
〒768-8601
香川県観音寺市坂本町一丁目1番1号
Tel:0875-23-3900
組織別電話番号一覧
メールでのお問い合わせはこちら