ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とぴっく > 姉妹都市・米国アップルトン市から市民親善訪問団が来観!

姉妹都市・米国アップルトン市から市民親善訪問団が来観!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月26日更新

  5月25日、本市の姉妹都市、米国・アップルトン市から、メリッサ・ボーボルーさんとジョエット・バンプさんが来観し、白川市長を表敬訪問しました。2人は、アップルトン市へ本市の青少年等を派遣するにあたり、ホームステイ先の手配を長年にわたり、ボランティアでしてくれています。また、ホームステイする子どもたちには、心身両面にわたりサポートし、アドバイスなどを行っています。今回の来観は、昭和63年1月27日に姉妹都市提携協定を締結し、来年で30周年を迎えることから、観音寺市国際交流協会が長年のご苦労をねぎらい招待したもの。白川市長は、「遠いところから、ようこそ。滞在中は大いに楽しんでください」と歓迎しました。本市での滞在は30日までで、銭形砂絵や一の宮海岸をはじめ金比羅さんやイサム・ノグチ庭園美術館、栗林公園など市内外の観光やうどん打ち、茶道、温泉を楽しむ予定です。

 

集合写真歓談写真
▲これからも交流を続け友好を深めていきます。▲和やかに自己紹介や観音寺の魅力を話してくれました。