ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活環境課 > 家電リサイクル法対象品の処理方法

家電リサイクル法対象品の処理方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月20日更新

●下記の品目は、リサイクルが法律により義務付けられています。

●排出者がリサイクル費用と収集運搬費用を負担して、販売店に引取りを依頼する必要があります。

家電リサイクル法対象品目

○テレビ(ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)

○冷蔵庫、冷凍庫

○洗濯機、衣類乾燥機

○エアコン

リサイクル料金

メーカー等により、金額が異なります。

くわしくは、家電リサイクル券センターホームページ<外部リンク>にてお調べください。

処理方法

処理方法について、以下の方法があります。

(1)販売店で引き取ってもらう

(1)過去に販売した製品や同種製品の買い替え時の旧製品は、販売店に引き取り義務があります。

(2)リサイクル料金と収集運搬料金を支払って廃家電を引き取ってもらい、家電リサイクル券の写しを受け取ってください。

(3)収集運搬料金は各販売店にお問い合わせください。

※過去に購入した販売店が閉店している場合や引っ越し等により販売店が遠方にある場合は、以下の(2)(3)の方法に

  て処理してください。

(2)自分でメーカー指定搬入場所へ搬入する

(1) メーカー名を確認し、郵便局でリサイクル料金を払い込みます。(振込手数料が必要です。)

   ※ 品目、大きさやメーカーによって、リサイクル料金が異なりますので、間違いの無いように払い込み、「家電リサイクル

     券」を受け取ってください。

(2) 「家電リサイクル券」を持って、廃家電を最寄りの指定引取場所(下記表記)へ搬入してください。

   ・Hirayama(ヒラヤマ) / 観音寺市南町3丁目3番2号  Tel0875-25-4272

(3)市が許可している一般廃棄物(廃家電対象4品目)収集運搬業者に回収を依頼する

※業者に回収を依頼する場合は、リサイクル料金とは別に、収集運搬手数料が必要になります。料金については、各業

  者にお問い合わせください。

(1) メーカー名を確認し、郵便局でリサイクル料金を払い込みます。(振込手数料が必要です。)

   ※ 品目、大きさやメーカーによって、リサイクル料金が異なりますので、間違いの無いように払い込み、「家電リサイクル

     券」を受け取ってください。

(2)下記の業者へ電話にて回収の申込をしてください。

   株式会社パブリック      0875-57-1300

   有限会社丸冨商会     0875-52-2593

   有限会社サンクリーン   0875-52-2458

(3)回収の際、郵便局で受け取った「家電リサイクル券」をお渡しいただくため、立会いが必要になります。

   ※なお、廃家電は収集車の進入できる場所まで搬出してください。