ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの人権

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

 子育て?しつけ?虐待!

 子どもの虐待とは、本来子どもを守るべき親や親に代わる保護者が、子どもの体や心を傷つけることをいいます。虐待は、子どもの心身に重大な影響を与え、最も深刻な子どもに対する人権侵害といえます。
 虐待には、殴る・蹴るなどの「身体的虐待」ばかりでなく、傷つくことを言う・無視する・きょうだいで差別するなどの「心理的虐待」や、性的行為を強要するなどの「性的虐待」、食事・風呂・着替え等の世話をしない、乳幼児を家や車の中に放置して外出するなどの「ネグレクト(保護の怠慢・拒否)」があります。
 子どもの前で配偶者に暴力をふるったり、保護者以外の同居人による虐待を放置することも虐待にあたります。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)