ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 保育料の「寡婦(夫)控除のみなし適用」について

保育料の「寡婦(夫)控除のみなし適用」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月11日更新

観音寺市では、税法上の「寡婦(夫)控除」が適用されない未婚のひとり親家庭に対し、保育所・認定こども園等を利用する子どもの保育料に「寡婦(夫)控除のみなし適用」を実施し、ひとり親家庭への支援を推進しています。

制度の概要

保育料(利用者負担額)は、保護者の市町村民税所得割課税額を基に階層を区分し、金額を決定します。
婚姻歴のない(未婚の)ひとり親には、税法上の寡婦(寡夫)控除が適用されないことから、ひとり親で同じ収入であっても、婚姻歴の有無によって、課税額に差異が生じることがあり、これにより保育料にも差異が生じる場合があります。
この差異を解消するため、婚姻歴のない(未婚の)ひとり親には、税法上の寡婦(寡夫)控除の適用があるとみなして、市町村民税所得割課税額を算出し、保育料を算定します。
なお、この制度の適用を受けるには、観音寺市子育て支援課への申請手続きが必要です。

対象者

 保育料等の基準となる所得を計算する年の12月31日時点および申請時点において,次の1から3のすべてに該当する方。

  1. 婚姻によらず母(父)となり,その後,婚姻(事実婚を含む)していない。
  2. 生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で,ほかの人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限る)がいる。
  3. 父の場合,合計所得金額が500万円以下である。 ※母の場合,所得制限なし。

控除額

 みなし適用の額は,税法上の控除額に準じます。なお,合計所得金額が125万円以下の場合は非課税扱いとなります。

  • 合計所得金額が500万円以下の寡婦:30万円
  • 合計所得金額が500万円超の寡婦:26万円
  • 合計所得金額が500万円以下の寡夫:26万円

  ※みなし適用後に保育料の階層区分が変わらないなど、保育料が減額にならない場合もあります。
  ※あくまで保育料の制度ですので、所得税や住民税等の納税額が変わることはありません。
  ※保育料が0円の方は対象外です。 

申請手続き

 保育料の「寡婦(夫)控除のみなし適用」を受けるためには、次の書類を子育て支援課へ提出する必要があります。

  1 観音寺市保育料にかかる寡婦(夫)控除みなし適用申請書
    当ページでダウンロードするか、子育て支援課で取得できます。

  2 申請者及び子どもの戸籍全部事項証明書の原本 又は 児童扶養手当証書の写し
    児童扶養手当を受給されている方は、1の申請書の同意欄で同意する場合、戸籍全部事項
    証明書の提出は不要です。その場合は、児童扶養手当証書の写しを添付してください。
    ただし、変更決定に必要な戸籍等の情報が本市にない場合、戸籍全部事項証明書の提出が
    別途必要となります。

  ○要件を満たさなくなった場合は、速やかに子育て支援課へ届け出てください。
   申請内容に虚偽があった場合、みなし適用を取り消し、適用された保育料の減額分を全額納付
   していただくことがあります。ご注意ください。

  ○保育料の変更は、申請のあった翌月からとなります。

申請書ダウンロード

 観音寺市保育料にかかる寡婦(夫)控除みなし適用申請書 [PDFファイル/117KB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)