ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 保育所(園)への入所

保育所(園)への入所

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

保育所(園)

 保育所(園)は、保護者が仕事や病気、出産、介護などで家庭での保育ができない児童を
 保護者にかわって保育するところです。

<入所できる基準>

 ○観音寺市に住民登録されている児童であること。児童と同世帯に保護者がいること。
   
(父又は母が別世帯・別市等の場合は、必ず申込書に現住所を記入してください。)

   ※住民票が観音寺市にあっても、生活の実態が市外にある場合は入所できません。

 

事 由

具体的な状況

保育必要量の認定区分

1

就労

月64時間以上の就労

(月16日又は週4日以上必要。)

標準時間認定:
月120 時間以上の就労

短時間認定:
月120 時間未満の就労

2

妊娠・出産

出産予定である。又は出産後間もない。
(入所可能日数:出産月を挟んで、前後2か月。合計5か月間)

標準時間認定
※短時間も可

3

疾病・障がい

保護者が疾病若しくは負傷又は心身に障がいを有していて、児童の保育に支障がある。

標準時間認定
※短時間も可

4

介護・看護

その児童の家庭に長期にわたる病人や、心身に障がいのある人がいて常にその介護・看護にあたっている。

標準時間認定
※短時間も可

5

災害復旧

震災、風水害、火災等の災害の復旧にあたっている。

標準時間認定

6

就学

学校や職業訓練校等に通い、児童の保育に当たれない場合(自動車学校、短時間の習い事、塾、教室等は除く。)

申請内容により判断

7

虐待・DV

虐待やDVのおそれがある。

標準時間認定

8

求職活動

求職活動を行っている。

※入所後3か月以内に就労先を決定し、就労(予定)証明書を提出してください。3か月以内に提出の無い場合は退所となります。

短時間認定

9

その他

市長が認める上記に類する状態にある場合。

申請内容により判断

                                     ※詳しくは下記<入所申込>の入所案内をご覧ください。

 

 〇各保育所(園)の保育時間や、各保育所(園)の詳しい情報は、保育所(園)名をクリックしてご覧ください。

 <市内保育施設一覧>

保育所名所在地電話番号定員対象
公立観音寺保育所<外部リンク>観音寺町甲2558番地257-52202406か月~
粟井保育所<外部リンク>粟井町1453番地27-6255602歳~
伊吹保育所<外部リンク>伊吹町486番地129-2124451歳~
大野原保育所<外部リンク>大野原町大野原1535番地254-38101306か月~
豊浜保育所<外部リンク>豊浜町和田浜1124番地152-20671006か月~
法人観音寺ふたば保育園<外部リンク>本大町1483番地425-53881203か月~
柞田保育所<外部リンク>柞田町丙1538番地25-51151603か月~
高室保育園<外部リンク>高屋町12番地124-31301003か月~
愛和保育園<外部リンク>木之郷町203番地27-74401003か月~
観音寺中部保育園<外部リンク>植田町1217番地325-83591203か月~
くれよん保育園<外部リンク>柞田町乙2463番地124‐4455903か月~
認定こども園たんぽぽ保育園<外部リンク>豊浜町和田乙1090番地52-1225503か月~
小規模保育施設アプリコット<外部リンク>柞田町甲1102番地623-2430123か月~2歳
ときわ保育園<外部リンク>植田町1217番地725-8359123か月~2歳
あいわ BabyRoom<外部リンク>木之郷町99番地157-1501123か月~2歳
事業所内保育施設あおぞら保育園<外部リンク>村黒町597番地124-830052か月~2歳

<保育料について> 

○平成30年度 利用者負担額表 [PDFファイル/129KB](31年度も変更の予定はありません) 

 

 就学前第2子以降の児童に係る保育料が無料になります。

   就学前の子どもが2人以上いる世帯で、就学前の最年長児が保育所(園)、幼稚園、認可外保育施設(児童福祉法第59条の2に規定する施設)、認定こども園、特別支援学校幼稚部、児童心理治療施設通所部において保育や教育を受けている場合、または児童発達支援や医療型児童発達支援を利用している場合、就学前の第2子以降の子どもの保育料が無料になります。

 第3子以降の利用者負担額が無料になります。

  第1子、第2子の年齢や保護者の所得に関係なく第3子以降の利用者負担額は無料になります。
  (第3子の条件 :生計を同一にする世帯で現に扶養している子どもが3人以上いる場合の第3子以降の子どもです。)

 保育料「寡婦(夫)控除のみなし適用」について

   婚姻歴のない(未婚の)ひとり親には、税法上の寡婦(寡夫)控除が適用されないことから、ひとり親で同じ収入であっても、婚姻歴の有無によって、課税額に差異が生じることがあり、これにより保育料にも差異が生じる場合があります。
この差異を解消するため、婚姻歴のない(未婚の)ひとり親には、税法上の寡婦(寡夫)控除の適用があるとみなして、市町村民税所得割課税額を算出し、保育料を算定します。
なお、この制度の適用を受けるには、観音寺市子育て支援課への申請手続きが必要です。

 政令指定都市の市町村民税の税率変更について

  税制改正により、平成30年度から政令指定都市の市町村民税の税率が6%から8%に変更されます。
  政令指定都市で市町村民税の決定がなされている場合においては、従来の税率(6%)によって再計算した市町村民税額に基づいて、利用者負担額(保育料)を算出します。(平成30年9月から)
  (1月1日時点で政令指定都市に住所があった方は、市民税所得割額に6/8を乗じた額を参考として、利用者負担額表をご確認ください。)

 

<入所申込>

※ 「平成30年度保育所入所案内」はこちら [PDFファイル/2.81MB]

※ 「平成31年度保育所入所案内」はこちら [PDFファイル/3.75MB]

  • 申込書は子育て支援課又は各保育所(園)にあります。
  • 年度途中の入所については、子育て支援課又は各保育所(園)にお問い合わせの上、お申し込みください。
  • 次年度4月1日からの入所については、11月に受付があります。広報等で期間を確認のうえ、子育て支援課又は各保育所(園)に申し込んでください。
  • 申込みに必要な書類のうち 就労(予定)証明書 求職活動申立書 はダウンロードできますのでご利用ください。

<入所できない場合>

  • 定員に余裕がない場合
  • 感染症疾患を有する場合
  • 集団保育が困難と判断される場合

※  なお、定員の関係上、希望する保育所(園)に入所できない場合もありますので、ご了承ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)