ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

申請は、出生や転入から15日以内に!

 児童手当は、原則、申請した月の翌月分からの支給となります。
 ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から数えて15日以内であれば、申請月分から支給します。申請が遅れると、原則、遅れた月分の手当を受けられなくなりますので、ご注意ください。


児童手当の手続きにマイナンバー(個人番号)が必要です!

 平成28年1月から、児童手当の新規申請手続きの際に、「マイナンバー(個人番号)が確認できる書類」と「身元の確認ができる書類」が必要です。
 また、平成29年11月13日から、マイナンバー制度の「情報連携」によって、一部の添付書類が省略できるようになります。

 【省略できる添付書類】
  ・住民票の写し
  ・所得課税証明書

 

1 児童手当とは


 児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に貢献するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に役立てることを目的としています。
 

2 支給対象


児童手当は、0歳から中学校修了(15歳到達後最初の3月31日)までの間にある児童を養育する方に支給されます。
・児童が海外に居住している場合は、支給できません。(留学の場合は支給される場合があります。)
・児童を養育している方(世帯の生計を維持する程度の高い方)に支給されます。なお、離婚協議中で父母が別居の場合は、
 児童と同居する方に支給される場合があります。(離婚協議中であることを明らかにできる書類が必要です。)
・児童が児童福祉施設等に入所している場合は、養育者の監護の有無に関わらず、施設の設置者等に支給されます。
・父母が海外に住んでいる場合、その父母が、日本国内に住む児童を養育している方を指定すれば、指定された方に支給さ
 れます。(父母指定者指定届の提出が必要です。)
・児童を養育している未成年後見人がいる場合は、未成年後見人に支給されます。
・受給者(養育者)や対象児童が拘禁等により監護できなくなった場合は、受給資格が消滅します。
 

3 支給額

 

児童の年齢

児童手当の額(1人当たり月額)

3歳未満

一律                15,000

3歳以上小学校修了前

第1子・第2子    10,000

第3子以降      15,000

中学生

一律                  10,000

所得制限限度額以上の方

(年齢区分に関わらず一律)

         5,000円(特例給付)

※第何子の数え方・・・18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある児童の数で数えます。
(ただし、施設入所児はこの中に含めません。)
 

所得制限限度額

 

扶養親族等の数

所得制限限度額(万円)

収入額の目安(万円)

0

622.0

833.3

1

660.0

875.6

2

698.0

917.8

3

736.0

960.0

4

774.0

1002.1      

5

812.0

    1042.1      

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。
 

4 支給時期


原則として、毎年6月(2月~5月分)・10月(6月~9月分)・2月(10月~1月分)の7日
(支払予定日が金融機関の休業日の場合は、直前の平日)
                                     

5 申請に必要なもの


◎初めてお子さんが生まれたとき
 ・認め印
 ・申請者本人の健康保険証のコピー
 ・申請者本人名義の普通預金通帳のコピー
 ・マイナンバー(個人番号)の確認に必要な書類
  1.申請者及び配偶者の「個人番号が確認できる書類」
  2.窓口に来られる方の「身元を確認する書類」
  ※申請書には申請者及び配偶者のマイナンバーの記入が必要です。
  ※代理人が手続きされる場合は、委任状が必要になる場合があります。
 <申請者と児童の住所が異なる場合>
 ・児童のマイナンバー(個人番号)
 <申請者が婚姻歴のないひとり親の場合>
 ・認め印
 ・申請者の戸籍全部事項証明書

個々の状況によっては、これ以外にも書類が必要な場合があります。


◎支給対象となる児童が増えたとき
 ・認め印

◎受給者が転出等で観音寺市から手当を受けることができなくなったとき
 ・認め印

◎手当の振込口座を変更したいとき
 ・認め印
 ・受給者本人名義の普通預金通帳
 ・手続きに来られる方の「身元を確認する書類」
                               

6 現況届


 毎年6月中に、現況届を提出する必要があります。この現況届の提出により、手当を引き続き受給する資格(児童の養育や監護、生計が同一かどうかなど)審査します。対象の方には、6月上旬に現況届の用紙をご自宅に郵送しますので、ご記入・押印のうえ期日までに必ずご提出ください。
 
現況届の提出がない場合、6月分以降の手当受けられなくなりますので、ご注意ください。
 

【お問い合わせ】

本庁 子育て支援課(1階5番窓口)    Tel 0875-23-3962

大野原支所 市民係              Tel 0875-54-5700

豊浜支所 市民係                Tel 0875-52-1200

伊吹支所 市民係                Tel 0875-29-2111