ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > 地方創生 > 地方創生の推進体制について

地方創生の推進体制について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

まち・ひと・しごと創生法

 平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、同年12月27日に日本の人口の現状と将来の姿を示し、今後目指すべき将来の方向を提示する「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及びこれを実現するため、今後5か年の目標や施策及び基本的な方向を提示する「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定されました。

観音寺市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進本部

 まち・ひと・しごと創生法の制定等を受け、観音寺市においても将来に渡って活力ある地域を創生するための全庁的な取り組みを推進する組織として、「観音寺市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進本部」を設置しました。

体制

本部長副市長
副本部長政策部長
本部員

総務部長、市民部長、健康福祉部長、経済部長、建設部長、上下水道部長、教育部長
政策部企画課長、市民部地域支援課長、健康福祉部子育て支援課長
経済部農林水産課長、経済部商工観光課長、教育部文化振興課長

所掌事項

  1 人口ビジョン及び総合戦略の策定に関すること

  2 各施策の推進に関すること

  3 その他推進本部の目的を達成するために必要な事項に関すること

 設置日

  • 平成27年4月1日

観音寺市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議

 本市では、「観音寺市人口ビジョン」及び「観音寺市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定にあたり、産業界、行政機関、教育機関、金融機関、関係団体等で構成する「観音寺市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議」を平成27年6月15日に設置しました。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)