ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地曳網を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月16日更新

5月13日に花稲海岸で、地曳網体験を開催しました。

 

実は、この地曳網体験。

150人の定員が、たった30分でいっぱいになった、大人気イベントです。

 

しかしがら、この日は朝から、あいにくの雨。

ですが、風が強くなければ体験できるんです。

 

いざ、砂浜へ!

大粒の雨ですが、そこは瀬戸内海。

波も穏やかで、小さな子どもでも安心して海に入れます。

 

地曳網は船が海上に仕掛けた網の両端を、砂浜から引き寄せて、漁獲する漁法です。

コツは息を合わせて、引っ張ること。

そして、どちらかが引っ張りすぎてもいけないので、お互いのグループが同じ強さで引っ張らなくてはいけません。

地曳網中

「ヨイショー、ヨイショー」と子どもたちはかけ声をかけながら、一生懸命、網をひきます。

どこからか、「おさかな、おさかな~♪」と歌声まで、聞こえてきます。

地曳網中

ピチピチと跳ねる魚が見えてくると、大歓声が!

「おるで!おるでー!」

「あれ、なんのさかなー?」

「キャー、こわい!!」

などみんな、目の前で泳ぐ魚を見て、大興奮です。

地曳網

さあ、今年はどうでしょうか???

大漁

大漁です!!!

どこを見てもコノシロ。

そのほか、エイ、カマス、チヌなどが獲れました。

 

コノシロはフライや酢づけにするとおいしいとのこと。

お約束通り、みんなで山分けにし、各グループごとに30匹ずつ持って帰ることができました。

 

花稲地区地曳網実行委員会のみなさま、どうもありがとうございました。

 

地曳網体験は毎年5月頃に行っています。

開催日などが決定しましたら、ホームページや広報でお知らせしますので、次回の開催をお楽しみに!