ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 商工観光課 > 工場立地助成制度

工場立地助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

助成制度の概要

工場、ソフトウェア事業所、試験研究施設の助成制度(観音寺市工場等立地促進条例)

区分工場ソフトウェア事業所試験研究施設
地域観音寺市の地域 (山田産業団地を除く。)
業種製造業、加工業ソフトウェア業、情報処理サービス業高度な工業技術やバイオテクノロジー等を試験、研究する施設
取得形態新設、増設新設新設、増設
要件(1)新設:延べ面積が1,000平方メートル以上であって敷地面積が3,000平方メートル以上
増設:増設に係る生産施設の延べ面積が500平方メートル以上で増設後の延べ面積が1,000平方メートル以上であって敷地面積が3,000平方メートル以上
(2)新規常用雇用者5人以上(市内在住者)
(1)投下固定資産額が3,000万円以上
(2)新規常用雇用者であってプログラマー及びシステムエンジニアが5人以上(市内在住者)
(1)新設:延べ面積が500平方メートル以上
増設:増設に係る試験研究施設のうちその本来の事業の用に直接供される施設の延べ面積が500平方メートル以上
(2)投下固定資産額が1億円以上
(3)新規常用雇用者であって試験または研究に従事する者が5人以上(市内在住者)
助成額(1)新設の場合は、操業等開始後においてこの工場等に対して最初に賦課された固定資産税額の範囲内
(2)増設の場合は、操業等開始後においてこの工場等の増設部分に対して最初に賦課された固定資産税額の範囲内
この工場等に係る固定資産税が完納されている場合に限り、賦課された年度から1,000万円を限度として3年間交付

助成制度の手続き

助成制度の手続き