ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 水道局監理課 > 県内水道の一元化(広域化)について

県内水道の一元化(広域化)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月3日更新

   近年、水道事業については人口減少に伴う水需要が減少するなか、老朽施設の大量更新
  や耐震化の推進などの課題を抱えており、今後各市町が単独経営を続けた場合には、料金
  の大幅な値上げが避けられない状況となっております。

   県と市町は、それらの課題を解決し、経営の効率化、運営基盤の強化、適正な施設運用、
  そして地域間の水融通など将来にわたって安全な水を安定的に供給できるよう、県内水道の
  一元化(広域化)に向けて、広域水道事業体(企業団)の設立準備を進めています。

   現在、平成27年4月に設立した「香川県広域水道事業体設立準備協議会」において具体的
  な検討、議論がなされています。

    詳細については、香川県ホームページ(水道広域化)<外部リンク>をご覧ください。