ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 下水道課 > 下水道使用料について

下水道使用料について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

下水道使用料の改定について

平成26年4月1日(平成26年5月検針分より改定(消費税率))に下水道使用料を改定しました。

下水道使用料の計算方法

下水道使用料金は、上水道使用水量を基にして計算されます。

  • 水道以外の水(井戸水など)を使用している方は、ご連絡ください。
  • 使用料金は、納付書か口座振替で上水道料金と一緒に納めてください。
  • 上水の使用水量と汚水として排出する水量が、著しく異なる場合は、その水量差を認定できる制度があります。(氷製造業等)

   下水道使用料金表と計算例 [PDFファイル/54KB]

下水道使用料に係る不服申立て等について

 この処分に不服がある場合には、この通知があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内に、観音寺市長に対して審査請求をすることができます(なお、この通知があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内であっても、この通知の日の翌日から起算して1年を経過すると、審査請求をすることができなくなります。)。                                          

 上記の審査請求に対する裁決を経た場合に限り、当該審査請求に対する裁決があったことを知った日の翌日から起算して6か月以内に、観音寺市を被告として(訴訟において観音寺市を代表する者は観音寺市長となります。)、処分の取消しの訴えを提起することができます(なお、当該審査請求に対する裁決があったことを知った日の翌日から起算して6か月以内であっても、当該裁決の日の翌日から起算して1年を経過すると処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。)。ただし、次の⑴から⑶までのいずれかに該当するときは、審査請求に対する裁決を経ないで処分の取消しの訴えを提起することができます。

 ⑴ 審査請求があった日の翌日から起算して3か月を経過しても裁決がないとき。
 ⑵ 処分、処分の執行または手続の続行により生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき。
 ⑶ その他裁決を経ないことにつき正当な理由があるとき。                                                       


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)