ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校教育課 > 私立幼稚園児の保護者負担の軽減

私立幼稚園児の保護者負担の軽減

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月26日更新

 私立幼稚園児の保護者負担の軽減

 家庭の所得状況に応じて、保護者の経済的負担の軽減を図るとともに、幼稚園教育の振興に資するため、観音寺市は市内に住所を有する満3歳児、3歳児、4歳児及び5歳児が通園し、保育料の減額または免除を実施している市内外の私立幼稚園設置者に補助金を交付し、保護者の方には、幼稚園を経由して補助金を交付します。

 希望される方は、毎年6月に通園している幼稚園へ申請書等の必要書類を提出し手続きを行います。補助金は、年2回(10月・3月)市が私立幼稚園を通じて保護者に交付します。

◎平成26年度からは、国の就園奨励費補助制度に加えて市が上乗せ補助をすることにより、実質、就学前の第2子以降の保育料を全額免除しています。 

◎平成28年4月からは、国の制度、新たな県の制度に加えて、市が上乗せ補助をすることにより、第1子・第2子の年齢にかかわらず、生計を一にする就学前の第3子以降の保育料を全額免除とします。

 

 詳しくは、各私立幼稚園、または、学校教育課にお問い合わせください。