ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化振興課 > 絹本著色琴弾八幡本地仏像

絹本著色琴弾八幡本地仏像

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

絹本著色琴弾八幡宮本地仏像

鎌倉時代<神恵院:観音寺市八幡町一丁目>

 来迎の弥陀と発遣の釈迦を同一画面に納めた「遣迎」の図は、非常に珍しいものである。画面左上方に阿弥陀三尊が西方極楽浄土飛雲に乗り迎 え、画面右下方には、池水中の方形の壇上に釈迦三尊が左向きに立ち、往生者をこの世から西方浄土へ送り出す姿を描いたものである。