ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化振興課 > 和田・田野々雨乞踊

和田・田野々雨乞踊

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

和田雨乞踊(香川県指定無形民俗文化財)

和田雨乞踊(香川県指定無形文化財)
約400年前、薩摩法師に歌と踊りを指導され「雨乞」をしたことに始まり、今に受け継がれ踊られています。香川県無形民俗文化財に指定されています。

  田野々の雨乞い踊り(香川県指定無形民俗文化財)

田野々の雨乞い踊り(香川県指定無形民族文化財)

五郷、田野々地区に残されている雨乞い踊りは、およそ400年前の慶長の頃、薩摩法師が伝えたといわれる踊りで、「けいご」と呼ばれる歌い手を中心に浴衣に白だすき、手甲、脚半姿に締め太鼓をかけた太鼓打ち、花笠をつけた子供、編み笠の大人たちが輪になり、歌に合わせて踊る素朴な踊りです。