ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 選挙管理委員会事務局 > 選挙権年齢の引下げについて

選挙権年齢の引下げについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

選挙権年齢の引下げについて(お知らせ)

   第189回国会において公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、平成27年6月19日に公布されました。今回の公職選挙法等の改正は、年齢満18年以上満20年未満の者が国政選挙に参加できること等とするとともに、当分の間の特例措置として選挙犯罪等についての少年法(昭和23年法律第168号)等の適用の特例を設けることを目的としたものです。
 なお、改正法は公布の日から起算して1年を経過した日(平成28年6月19日)から施行され、施行日後初めて行われる国政選挙( 衆議院議員の総選挙または参議院議員の通常選挙 )の公示日以後にその期日を公示または告示される選挙から適用されます。

 ※詳しくはこちらをご覧ください

・【総務省ホームページ<外部リンク>

・【選挙管理委員会からのお知らせ[PDFファイル/249.54KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)