ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農業委員会事務局 > 農地の貸し借り等について

農地の貸し借り等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

農地の貸し借りは利用権設定が安心!

利用権設定とは

 法律(農業経営基盤強化促進法)に基づいて貸し借りの契約を結ぶもので、貸し手と借り手とで決めた期間がくれば貸借関係は終了し、必ず返してもらえる制度です。 

利用権設定

観音寺市の利用権設定の申し出は、毎月5日(土・日・祝祭日の場合は翌日)までに農業委員会へ

メリット

  • 期間終了前に貸し手・借り手へ文書で期限終了のお知らせをします。
  • 貸した農地は期限が来れば離作料を払うことなく、必ず返還されます。
    (更新したいときは、再び利用権設定の手続きを行います。)
  • 借り手は契約期間中、安心して耕作できるので、中長期的な営農計画が立てられます。

注意

  • 双方で期間、小作料以外に負担金(水利費等)、管理範囲等については十分に話し合い確認しておいて下さい。
農用地利用集積実績≪通常の利用権設定≫

                                (平成26年4月1日~平成27年3月31日) 

通常の利用権設定
区分 1~5年間 6~9年間 10年以上 合計 

 

貸し手520人
借り手390人 

賃貸借 360,844平方メートル179,971平方メートル 15,430平方メートル 556,245平方メートル
使用貸借 351,618平方メートル 100,904平方メートル 76,432平方メートル 528,954平方メートル
合計 712,462平方メートル280,875平方メートル91,862平方メートル 1,085,199平方メートル
農用地利用集積実績≪農地中間管理事業に係る受託事業≫

                                                        (平成26年10月1日~平成27年3月31日)

農地中間管理事業に係る受託事業
区分 1~5年間 6~9年間 10年以上 合計 

 

貸し手30 人
借り手15 人 

賃貸借 0平方メートル13,297 平方メートル86,401平方メートル99,698平方メートル
使用貸借 0平方メートル4,308平方メートル 21,576平方メートル 25,884平方メートル
合計 0平方メートル17,605平方メートル107,977平方メートル 125,582平方メートル

   農作物収穫