ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

火事と救急・救助は119番

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

「119番」をするときは、あわてずに落ち着いて、ダイヤルをしてください。

  1. 火事か、救急か、救助かをはっきりと
  2. 場所、目標となるものを
  3. 火事であれば何が燃えているか、救急・救助であれば事故の内容、病人、けが人の状態を

救急車は次のようなときに使用できます。

  • 火災、地震、暴風雨などの災害で、傷病者が発生したとき
  • 交通事故、駅などの屋外や公衆の出入りする場所で、傷病者が発生したとき
  • 屋内で起こった事故で傷病者が発生し、ほかに適当な搬送手段がないとき(ガス中毒、やけど、急病など)

お問い合わせ

三観広域行政組合南消防署  Tel:24-2119