ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災 > 防災情報 > 避難準備情報などの名称が変わりました

避難準備情報などの名称が変わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月10日更新

  避難準備情報等の名称変更について(平成28年12月26日内閣府公表)

 

変更前(旧名称) 変更後(新名称)
避難情報の名称 新旧対照表
避難準備情報避難準備・高齢者等避難開始
避難勧告避難勧告  ※変更なし
避難指示避難指示(緊急)

※ 避難情報の危険度は、表の下になるほど高くなります。

  なお、必ずしも段階的に発令されるとは限らないので、ご注意ください。
  また、これらの情報が発令されていなくても、身の危険を感じる場合などは、自らの判断で早めに避難することも重要です。

  避難情報の違いをよく理解し、自らの身を守りましょう。 

  避難準備・高齢者等避難開始

発令の基準

・避難勧告や避難指示(緊急)の発令が予想される場合

住民にとっていただきたい行動

ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児をお連れの方など避難に時間を必要とする方とその避難を支援する方は、避難行動を開始してください。

・それ以外の方は、家族等の連絡、非常用持出品の用意など、いつでも避難ができるよう準備をしてください。身の危険を感じた場合は早めに避難行動を開始してください。

 

避難勧告

発令の基準

・災害による予想され、人的被害の発生する可能性が高まった場合

住民にとっていただきたい行動

避難行動を開始してください。

 

避難指示(緊急)

発令の基準

・災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合

住民にとっていただきたい行動

・まだ避難してない場合は、直ちに避難行動をとってください

外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難してください。