ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報(まとめ) > 市長から市民の皆さまへメッセージ(令和2年7月31日)

市長から市民の皆さまへメッセージ(令和2年7月31日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月31日更新

 令和2年7月16日、本市において1例目の新型コロナウイルスの感染者が発生して以降、22日に2例目、28日に3例目の感染者が確認されました。
 感染された方々やご家族の皆様方におかれましては、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早いご快復をお祈りいたします。

 香川県内では今月に入り18名の新規感染者が発生しており、7月18日からは警戒レベルが引き上げられ、さらに7月31日に「感染警戒期」の延長が決定しました。
 また、全国的にも感染者は急増しており、1日の最多感染者数を更新する地域も増えるなど、市民の皆様は、大変ご心配をされていることと思います。

 一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、宿泊・飲食事業者は大きな打撃を受けており、私の元にも関係者からの悲痛な声が届いております。
 本市では、国の第二次補正予算に基づき、地域経済活性化の施策を推進しています。事業の実施に当たりましては、事業者と観光客双方に「新しい生活様式」を取り入れた感染予防策を十分に講じていただき、市といたしましても感染予防と社会経済活動の両立を図っていきたいと考えております。

 「ウィズ コロナ」と言われるように、新型コロナウイルスとは、中長期的に共存・共生していく意識を持つ必要があります。感染予防と社会経済活動の両方を推進していくのは、一見相反する難しいかじ取りですが、本市では、長期的な視点を持って、可能な限り感染を防ぎながら、経済活動を維持できるよう支援を行ってまいります。

 最後に、本市をはじめ各地で新型コロナウイルス感染者が確認されておりますが、感染者の情報などがインターネットやSNS上などで流れ、その中には事実と異なる情報が混在していることがあります。
 市民の皆様には、個人の尊厳を損なうような行動や誹謗中傷に繋がることがないよう、根拠の無い話や出どころのはっきりしない伝え聞きなどの情報に惑わされることなく、県や市が発信する正確な情報に基づいた、冷静な対応をお願いいたします。

 新型コロナウイルスの収束までには、まだまだ長い時間がかかることが予想され、日常生活と感染予防対策を両立していく必要があります。市民の皆様には、引き続き「3密」の回避や「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」などの「新しい生活様式」の実践を徹底していただきますよう、お願い申し上げます。

 

                      観音寺市長  白川 晴司


市長メッセージ
関連サイト(外部サイト)