ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別定額給付金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月31日更新

特別定額給付金の給付(振込)状況について

給付(振込)状況について

<7月31日現在の給付状況>

給付済世帯数24,946世帯(給付対象世帯数の98.5%)
給付済金額5,908,100千円(給付予定額の99.1%)

※給付済世帯数と給付済金額の割合は、基準日(4月27日)現在の住民基本台帳登録世帯数と人口数を基にしたものです。

特別定額給付金の概要

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に注意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部が設置されました。

特別定額給付金に関するよくある質問<外部リンク>

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付対象者及び受給権者

・給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

・受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付金の申請および給付の方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)および(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。

※なお、やむを得ない場合に限り、窓口における申請および給付を認めます。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図ります。

(1)郵送申請方式

市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座等を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに同封の返信用封筒に入れていただき、市区町村に郵送します。

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカードをお持ちの世帯主が利用可能)

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請してください。(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

※マイナンバーカードは、交付申請から発送まで、約1か月半程度かかります。

新規ウィンドウで開きます。オンライン申請方式の詳細については、こちらから

受付期間、給付開始日など

受付開始日

【郵送申請】
令和2年5月20日(水曜日) 

【オンライン申請】
令和2年5月1日(金曜日) 

申請期限

令和2年8月20日(木曜日)  ※郵送申請の場合は、当日消印有効

持参する場合は、8月20日(木曜日)午後5時15分までに、申請書に必要書類を添えて、本庁舎3階特別定額給付金窓口へ提出してください。

まだ申請をしていない方は、忘れないよう早めに申請してください

申請書発送日

特別定額給付金の申請書(郵送申請方式)は、5月18日(月曜日)から世帯主宛に発送します。
(一斉に発送するため、ご自宅に届くまで一週間程度かかる場合があります。)

給付開始日

オンライン申請:5月20日(水曜日)
郵送申請    :5月29日(金曜日)

注記

上記の給付方法等の制度概要については、現時点での最新の情報を掲載していますが、今後変更されることもあり得ます。新たな情報が発表され次第、随時情報の追加および変更をしてまいります。

特別定額給付金コールセンター(総務省)

【特別定額給付金コールセンター】

○電話番号 0120-260020
○応対時間 9時~18時30分

【総務省ホームページ】

特別定額給付金ポータルサイト<外部リンク>

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

特別定額給付金の給付を装った詐欺の発生が予想されます。以下のようなことを、市区町村や総務省が行うことは絶対にありません。不審な訪問、電話、郵便およびメールがあった際には、観音寺市役所や最寄りの警察署にご連絡ください。

・市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

・市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振り込みを求めることは、絶対にありません。

・現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆さまの世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問い合わせすることは、絶対にありません。

特別定額給付金の専用窓口を設置しています

申請書の受け付けや書き方の相談などに対応するため、特別定額給付金に関する窓口を設置しています。
特別定額給付金についてご不明なことがありましたら、お問い合わせください。

場所:本庁舎4階企画課
電話番号:23-7578
メールアドレス:kyufukin@city.kanonji.lg.jp

案内図

 


市長メッセージ
関連サイト(外部サイト)