ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報(まとめ) > 住民票がある自治体以外での接種を希望する方へ

住民票がある自治体以外での接種を希望する方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月23日更新

住民票がある自治体以外での接種を希望する方へ

新型コロナウイルスワクチンは、住民票所在地での接種が原則となっています。
住民票が観音寺市外にあるが市内で接種したい、住民票は観音寺市内にあるが市外で接種したい場合は、条件により「住所地外接種届」が必要となります。

申請が必要な方

(1)出産のために里帰りしている妊産婦

(2)遠隔地へ下宿している学生

(3)単身赴任者

(4)その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

接種までの流れ

1 申請する
以下の2種類の方法により、接種を希望する自治体への申請が可能です。
ア 郵送  「住所地外接種届」を記載し、接種券の写し(コピー等)および返信用封筒を同封して郵送する
イ 窓口申請  「住所地外接種届」「接種券(または接種券の写し)」を提出する

観音寺市への届出書 [Wordファイル/16KB]はこちらをご利用ください。

2 届出済証を受け取る
接種を希望する自治体が発行する「住所地外接種届出済証」を受け取る

3 接種を受ける
予約をした後、「接種券」と「住所地外接種届出済証」を接種会場に持参し接種を受ける

申請を必要としない方

接種時に下記に該当する方は、申請は必要ありません。接種券と予診票があれば接種できます。

(1)入院・入所中の方

(2)基礎疾患を持つ方が他市町村の主治医のもとで接種する場合

(3)災害による被害者

(4)住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難な方

(5)国や都道府県の「大規模接種会場」で接種を受ける場合


市長メッセージ
関連サイト(外部サイト)