ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > その他の福祉 > 新型コロナウイルス関連情報(まとめ) > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

 新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する世帯に対しては、これまで社会福祉協議会において緊急小口資金・総合支援資金等の特例貸付などによる支援が行われていましたが、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯が存在します。

こうした世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

※申請受付期限が令和3年8月31日から令和3年11月30日に延長されました。

  厚生労働省特設ホームページ 〈厚生労働省Webページ<外部リンク>

  厚生労働省コールセンター  電話0120-46-8030(受付時間 平日 午前9時~午後5時まで)

制度の詳細

申請者

 世帯主(申請日の属する月において、その属する世帯の生計を主として維持している者であること)

対象世帯

 以下の(1)~(8)のすべてを満たしている世帯であること

(1) 次のいずれかに該当する者であること

 ・総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/8月までに借り終わる世帯

 ・総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯 など

(2) 申請日の属する月における、申請者およびこの申請者と同一の世帯に属する者の収入の額を合算した額が、次の額を超えないこと

  単身世帯:11万円、2人世帯:15.3万円、 3人世帯:18.2万円、 4人世帯:21.7万円、

  5人世帯:25.1万円、6人世帯:28.7万円、7人世帯:32.5万円、8人世帯:35.8万円   

   ※9人以上世帯の方は改めて、お問い合せください。

(3) 申請日における申請者およびこの申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産(預貯金)の合計額が、次の額を超えないこと

  単身世帯:46.8万円、2人世帯:69万円、3人世帯:84万円、4人以上世帯:100万円

(4) 次のいずれかに該当すること

 イ)公共職業安定所に求職の申し込みをし、常用就職を目指し、以下に掲げる求職活動を行うこと。

  ・月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受けること

  ・月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受けること

  ・原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受けること

 ロ)生活保護を申請し、この申請に係る処分が行われていない状態にあること

(5) 職業訓練受講給付金を、申請者およびこの申請者と同一の世帯に属する者が受給していないこと

(6) 生活保護を、申請者およびこの申請者と同一の世帯に属する者が受給していないこと

(7) 偽りその他不正な手段により再貸付の申請を行っていないこと

(8) 申請者および申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77 号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと

支給額

 自立支援金は一月ごとに支給し、その月額は以下のとおりとする。

  ・単身世帯     6万円

  ・ 2人世帯     8万円

  ・ 3人以上世帯 10万円

支給期間

 3カ月

申請受付開始日

 令和3年7月1日(木曜日)

申請期限

 令和3年11月30日(火曜日)

申請窓口

 観音寺市役所 本庁舎1階 社会福祉課窓口

支給申請手続き

支給申請の受付

 自立支援金の支給を受けようとする方は、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書」(様式第1号)に、申請時確認書(様式第2号)、その他添付書類等を添えて、窓口に提出してください。

添付書類

 支給申請者が申請書に添えて提出する書類は次のとおりです。

(1)再貸付終了等の確認書類
 表1の左欄に掲げる方については、それぞれ右欄の書類を提出してください。

表1

社会福祉協議会から再貸付を受けた者であって、申請日の属する月の前月までにこの再貸付の最終借入月が到来している場合

・再貸付の借用書(控)(※)および再貸付の振込がわかる金融機関の通帳等の写し
(※)再貸付の貸付決定通知書でも可

【再貸付の借用書(控)を用意できない場合】

・再貸付を活用した旨の申告書(別紙様式

社会福祉協議会から再貸付を受けている者であって、申請日の属する月がこの再貸付の最終借入月である場合同上
社会福祉協議会に対して再貸付の申請をしたが、申請日以前に不決定となった場合

・再貸付の不決定通知書

【用意できない場合】

・再貸付が不決定になった旨の申告書(別紙様式)およびこれまでに借りた緊急小口資金等の特例貸付の振込がわかる金融機関の通帳等の写し

社会福祉協議会に再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談を行ったものの支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請をできなかった場合

・社会福祉協議会に再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談を行ったものの支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請をできなかった旨の申告書(別紙様式)及びこれまでに借りた緊急小口資金等の特例貸付の振込がわかる金融機関の通帳等の写し

※通帳は、電子的にのみ管理している場合(いわゆるweb 通帳の場合)はその画面の写し

(2)収入関係書類  ※住居確保給付金と同様
 支給申請者および申請者と同一の世帯に属する者のうち、収入がある者についての申請日の属する月の収入が確認できる書類の写し
(例)
 a 給与明細書、賃金明細書、報酬明細書等
 b 預貯金通帳(電子的にのみ管理している場合(web 通帳の場合はその画面)のこの収入の振込の記帳ページ
 c 公的給付等の支給額が分かる書類
  ・雇用保険の失業等給付を受けている場合は、雇用保険受給資格証明書
  ・年金を受けている場合は、年金手帳
  ・その他の福祉手当等を受給している場合は、各種福祉手帳

(3)金融資産関係書類  ※住居確保給付金と同様
 支給申請者および申請者と同一の世帯に属する者の、申請日の金融機関の通帳等(web 通帳の場合はその画面)の写し

(4)生活保護関係書類
<市外の福祉事務所に生活保護を申請している場合は、生活保護を申請していることがわかる書類>
 受領印が押印された生活保護申請書の写し

(5)振込口座関係書類
 金融機関の通帳等(web 通帳の場合はその画面)の写し(金融機関名、支店名、口座名義、口座番号が分かる部分)

申請時書類様式等

様式第1号 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書 [PDFファイル/63KB]

   様式第1号 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書 [Excelファイル/29KB]

   様式第1号 記載例 [PDFファイル/126KB]

様式第2号 申請時確認書 [PDFファイル/68KB]

   様式第2号 記載例 [PDFファイル/97KB]

別紙様式 再貸付についての申告書 [PDFファイル/50KB]

   別紙様式 再貸付についての申告書 [Excelファイル/25KB]

   別紙様式 記載例 [PDFファイル/63KB]

   

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)