ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 麻しんにご注意ください

麻しんにご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月8日更新

 現在、日本各地で麻しんについて報じられているところです。

 麻しん患者と接触があった後に麻しんを疑う症状(発熱・咳・鼻水・発疹等)が出た場合は、事前に医療機関に電話連絡してから受診しましょう。

 

麻しんとは

 感染力が極めて強い「麻しんウイルス」に感染することによって発症する感染症です。

 免疫がなければ、感染者と同じ空間にいるだけで感染し発症する危険性が高くなります。

 ウイルスに感染した後、約10~12日の潜伏期間を経て、発熱・咳・鼻水・結膜の充血等の症状が数日続きます。その後に口の中に白い粘膜疹が現れることもあります。一旦熱が下がったようにみえますが、またすぐに高熱が出て、赤い発疹が出始め全身に広がります。

 肺炎・中耳炎等を合併することがあり、まれに脳炎を合併することがあります。治療方法は特になく、対症療法のみですので、予防することが大切です。

 

予防について

 麻しんは空気を介して感染するため、マスクの着用や手洗いだけでは十分な予防はできません。麻しんの予防にはワクチンの接種により、免疫を獲得することが有効です。

 

予防接種について

 麻しんの予防接種は、定期接種として麻しん風しん(MR)ワクチンの予防接種を受けることができます。

 ●麻しん風しん(MR)1期…1歳~2歳の誕生日の前日までの方

 ●麻しん風しん(MR)2期…幼稚園・保育所等の年長相当年齢の方

 2回接種した場合、感染の発症の可能性は低いと言われています。

 母子手帳等により、接種履歴を確認しましょう。

 

関連リンク

 ●香川県感染症情報

  http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/etc/subsite/kansenshoujouhou/index.shtml<外部リンク>