ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 【コロナワクチン】集団接種会場での流れ

【コロナワクチン】集団接種会場での流れ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日更新

接種当日の集団接種会場での流れは、以下のとおりです。

集団接種会場での流れ

1.自動検温
会場の入口で、発熱の有無や持参物を確認します

2.受付
検温や本人確認、予診票記載の案内をします

3.予診票確認
予診票に記入漏れがないかチェックします
※2回目接種の場合は、接種間隔や1回目接種のワクチン種別を確認します

4.予診
接種前に、体調や持病の確認など必要な診察を受けて接種できるかどうか医師に判断してもらいます

5.ワクチン接種
ワクチンの接種をします

6.接種後の状態観察
アナフィラキシーや血管迷走神経反射等の症状が生じることがあるので、15~30分程度様子を見ます

7.接種済証交付
日付などが記された接種済証を受け取ります

接種当日の持ち物

・個別通知のはがき

・接種券(シールを剥がさずに台紙ごと持ってきてください)

・予診票1枚(事前に記入しておいてください)

・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

・内服中の方はお薬手帳等

接種当日の注意事項

・接種前に自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは接種を控え、コールセンター0875-63-8088(午前8時30分~午後5時30分)へ連絡してください。

・腕に注射を行いますので、肩を出しやすい服装でお越しください。

・同封された接種券は、2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。
毎回切り離さず、台紙ごと持ってきてください。

・ワクチンの効果を十分得るために、同じ種類のワクチンを一定の間隔を空けて2回接種する必要があります。
最初に1回目の接種を予約し、1回目の接種終了後に2回目の予約をしてください。

・2回目の接種は、原則として1回目の接種の日から3週間後の同じ場所・曜日・時間になります。

・各会場行きの無料バスを運行します。
詳しくは広報かんおんじ5月号をご覧ください。