ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 令和3年度特定不妊治療費助成制度

令和3年度特定不妊治療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 特定不妊治療をする夫婦の経済的負担を軽減するため、県の助成に加えて特定不妊治療費の助成を行っています。

 申請方法など詳しくはお問い合わせください。特に初めて申請される方は、事前にご相談・お問い合わせください。

 

 ★申請は、治療が終了した日の属する年度内に行ってください。

   ただし、3月中に治療が終了した場合などやむを得ないときは5月末日まで申請することができます。


対象となる治療

指定医療機関で受けた体外受精・顕微授精

※県外の医療機関の場合、その都道府県知事等が指定した医療機関であれば対象です。


助成対象者

1. 観音寺市に住民票があり、法律上の婚姻関係にある夫婦、または、事実婚関係にある者

2. 初回申請の治療開始日における妻の年齢が43歳未満である夫婦

3. 特定不妊治療以外の治療法では、妊娠の見込みがないかまたは極めて少ないと医師に診断された方


1回あたりの助成限度額

特定不妊治療に要した費用から、香川県特定不妊治療費助成事業による助成額を控除した額について

 治療区分A、B、D、Eは上限15万円

 治療区分C、Fは上限7万5千円


助成回数

40歳未満の方は1子ごとに6回まで

40歳以上43歳未満の方は1子ごとに3回まで

※初回申請の治療開始日における妻の年齢を基準とする


申請受付窓口

健康増進課(市役所1階)


申請書類

1.特定不妊等治療費助成申請書  [PDFファイル/88KB] 記入例 [PDFファイル/109KB]

2.特定不妊治療費助成事業受診等証明書  [PDFファイル/65KB]

3.指定医療機関発行の領収書の原本 ※後日決定通知書と共に返送いたします。

4.住所及び法律上の婚姻をしていることを証明できる書類

  (1)法律婚の場合

   ・住民票(謄本)または戸籍謄本(コピー可) ※3カ月以内に発行したもの

    ※期間内であれば、県へ提出する前にコピーを取っておくと、市への申請の際に再発行しなくて済む場合があります。

  (2)事実婚の場合

   ・両人の戸籍謄本(コピー可) ※3カ月以内に発行したもの

   ・両人の住民票の写し(コピー可) ※3カ月以内に発行したもの

   ・事実婚関係に関する申立書 [PDFファイル/38KB]

5.県特定不妊治療費助成決定通知書(コピー)

6.請求書  [PDFファイル/40KB] 記入例 [PDFファイル/53KB]

  ※請求者と口座名義人は、特定不妊等治療費助成申請書の申請者と同一にしてください。

 

 

申請に必要な書類は健康増進課母子保健係でもお渡ししています。

リンクよりダウンロードもできます。

詳しくは、観音寺市特定不妊治療費助成事業 チラシ [PDFファイル/89KB]をご覧ください。



令和3年1月1日以降に終了した治療から制度が変更になりました。

 令和2年12月31日以前に終了した治療令和3年1月1日以降に終了した治療
 
助成対象観音寺市に住民票があり、法律上の婚姻関係にある夫婦

観音寺市に住民票があり、法律上の婚姻関係にある夫婦、または、事実上の婚姻関係にある夫婦

助成回数

40歳未満の方は通算6回まで

40歳以上43歳未満の方は通算3回まで

※初回申請の治療開始日における妻の年齢を基準とする

40歳未満の方は1子ごとに6回まで

40歳以上43歳未満の方は1子ごとに3回まで

※初回申請の治療開始日における妻の年齢を基準とする

所得制限

夫婦の所得の合計額が730万円未満

所得制限なし

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)