ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 少年育成センター > 少年育成センターでの業務内容について

少年育成センターでの業務内容について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月8日更新

観音寺市少年育成センター

健全育成活動

○健全育成活動

 青少年育成観音寺市民会議では、共通テーマ 『ひとのつながりで 子どもを育てる~地域みんなで 気にかけ 声かけて~』に掲げ、青少年問題の重要性を市民一人ひとりが十分認識し、市民の総意を結集し、時代に即した青少年健全育成活動を推進しています。

(主な活動)

青少年育成功労者・善行青少年表彰式、夏の青少年の非行・被害防止全国強調月間、「家庭の日だより」の発刊、市内各地域の巡回補導、白ポストの設置など

○観音寺マナーアップの会

 あいさつや声かけをすることで、お互いののつながりを持とうと、各小学校で、高校生とあいさつ運動をしたり、マナーアップ運動の呼びかけたカレンダー付きの、ポスターを作製しています。

○少年育成環境浄化活動

 より良い環境の中で、子どもたちが過ごせるよう、有害図書の回収などを行う「白ポスト」を市内に24か所設置し、回収を行っています。各関係機関が協力することで、子どもたちの非行防止への意識をもち、積極的に社会環境浄化に取り組んでいます。

○少年を守る母の会

 会員(現在55名)が、青少年育成センターと連携を図りながら、有害図書などの追放、事故防止運動に取り組んでいます。                                                             

補導活動

 観音寺市の補導員134名が、少年の問題行動を抑止するために、補導活動を行っています。補導員は、関係団体や関係機関から推薦された方々、教職員、少年警察補導員、育成センター職員が、子どもたちに起こった問題行動の指導・相談に努めたり、少年非行の早期発見・未然防止に努めたり、日々、子どもたちの見守りを行っています。

子ども・若者相談活動

 少年育成センターでは、「やまびこコーナー」を設置し、平日の8時30分~17時まで、電話やメール、来所などで、子ども.若者(35歳まで)の相談を行っています。

 子育てや子供の問題を抱えているご家族の方の相談も受けています。

 専門の相談員が、相談に乗ります。秘密も守られます。一人で悩まず、相談してください。

電話 0875-23-0900 メールmazu1po@city.kanonji.lg.jp 

不審者対策活動

 地域 警察な各関係機関と連携・連絡を密にし、登下校時等の子供の見守りを行い、子どもたちが被害にあわないように不審者の抑止に努めています。 

 不審者等の通報があった場合には、観音寺ホットメールにでお知らせしたり、地域の青色防犯パトロール車、育成センター職員が重点的に巡回を行っています。

不審者対応マニュアル [Wordファイル/77KB]

校区の青パト車(画像) 安全安心パトロール員の帽子・腕章(画像) [PDFファイル/427KB]

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)