ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とぴっく > 伊吹島 瀬戸芸2016秋会期

伊吹島 瀬戸芸2016秋会期

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

 連日、たくさんの訪問者で賑わっている伊吹島。瀬戸内国際芸術祭2016秋会期も残すところ、あと6日となりました。アート作品を巡りながらのイリコの食べ歩きやお弁当などの食も充実していて、なかでも人気なのが「うららの玉手箱」です。「これから」という人も「もう一度行ってみたい」という人も、ぜひ足を運んでみてください。11月5日(土)には、高瀬悠太さんの「島の音楽会」や切腹ピストルズによる「せっぷくぴすとるず神出鬼没船」などのイベントもあります。
 また、伊吹島のクリーンセンターの近くや伊吹小中学校校庭にあるフジバカマの花の蜜を求めてアサギマダラが飛来しています。アサギマダラは春から夏にかけて南から北へ、秋になると南下する、渡り鳥のように季節によって長距離(2000キロといわれています)を移動する、国境を越える唯一の蝶ともいわれています。この時期にしか見ることができない“旅する蝶”を探してみて下さい。

瀬戸内国際芸術祭2016秋会期の伊吹島会場について

 
瀬戸芸1瀬戸芸3瀬戸芸19
▲ さあ、出発▲ 島が近づいてきました
瀬戸芸6瀬戸芸15瀬戸芸5
▲ 島のお母さんたち手作りの「うららの玉手箱」▲ 台湾から来た女性と笑顔のスタッフ
瀬戸芸8瀬戸芸7
▲ いりこ庵で 「いただきます!」
瀬戸芸18瀬戸芸17
▲ 県外や県内からたくさんの人たちが訪れています
瀬戸芸16瀬戸芸4
瀬戸芸14
▲ 島の人たちやボランティアスタッフの皆さん
瀬戸芸21瀬戸芸20
瀬戸芸23瀬戸芸24
▲ 島を離れる船をお見送り
瀬戸芸13瀬戸芸9
瀬戸芸12瀬戸芸12
▲ フジバカマの花畑に舞うアサギマダラ (クリーンセンター付近)