ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 人権課 > HIV感染者の人権

HIV感染者の人権

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月3日更新

正しい知識を持ちましょう。

 エイズとは、HIVというウイルスに感染することによって引き起こされる病気の総称です。HIVに感染後、体の中でHIVが増えて、体を守る免疫システムが低下していきます。症状がなくても、感染力はあり、他の人へ感染させてしまう可能性もあります。
 今はまだHIV 感染症を完全に治す薬はありませんが、感染したことに早く気づき、適切な治療をすれば、エイズの発症を予防したり、遅らせることができます。発症しても、適切な治療を受けることで社会生活を続けていくことができます。早期に感染を発見し、早期に治療を始めることが大事です。
 HIV はとても感染力の弱いウイルスです。感染経路は、主に、性行為・血液感染・母子感染の3 つで、特に日本では、性行為による感染がほとんどを占めています。感染者との性的接触以外で、日常生活でうつることはまずありません。
 身近にHIV感染者がいても、今までと変わらない態度で接しましょう。差別や偏見をなくすためにも、正しい知識を持ち、きちんと理解していくことが大切です。