ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 国民健康保険の概要

国民健康保険の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

国民健康保険は病気やけがをしたときに、安心してお医者さんにかかれるよう、経済的な負担をお互いに助け合う社会保障制度の一つです。

加入対象者

職場の健康保険の加入者や後期高齢者医療制度で医療を受けている人、生活保護受給者などを除いて、市内に住んでいるすべての人

世帯主がまとめて加入手続きを行い、加入者一人ごとに1枚のカード型保険証が交付されます。

 

70歳以上75歳未満の医療

70歳になると、70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方は誕生日の月)からの自己負担割合(2割または3割)を示す「保険証兼高齢受給者証」が交付されます。

 

有効期間・更新について

「保険証」および「保険証兼高齢受給者証」の有効期間は8月1日から翌年7月末までです。

新しい保険証は、7月下旬に簡易書留にて各加入世帯に順次発送します。
配達時に不在の方は不在連絡票が投函されますので、保管期間中は管轄郵便局にて受け取りをお願いします。
郵便局窓口での受け取りに必要なものについて<外部リンク>

保管期限が過ぎた後は、市役所1階の健康増進課にて保管します。
お問い合わせの上、次のものを持って窓口まで受け取りにお越しください。

  • 旧年度保険証
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
  • (代理人の場合)委任状

なお、次の方は有効期間が異なります。

翌年7月末までに75歳の誕生日を迎える方 

誕生日より、後期高齢者医療制度の被保険者になります。

保険証は後期高齢者医療広域連合より発送されます。

翌年7月末までに70歳の誕生日を迎える方 

誕生日の月の下旬(1日が誕生日の方は前月の下旬)に保険証兼高齢受給者証を送付します。

短期被保険者証の方 

7月下旬の一斉発送までは更新の手続きが必要です。健康増進課または各支所市民係の窓口にお越しください。