ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 下水道課 > 下水道使用料について

下水道使用料について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

下水道使用料の請求時期等の変更について

 香川県広域水道企業団の水道料金の請求時期等が令和2年4月検針分より変更されることに伴い、下水道使用料の請求時期等についても水道料金と同様に変更させていただきます。

 ・下水道使用料の請求が2か月に一度になります
  令和2年4月から、水道メーターの検針が2か月に一度となり、これに伴い水道料金の請求も2か月に一度となります。
  下水道使用料についても、水道料金と併せて請求させていただいていることから、2か月に一度、2か月分をまとめて請求させていたくことになります。

 ※検針月は、奇数月の地区と偶数月の地区があります。そのため地区によって請求させていただく月が異なります。

 ・お支払方法が増えます
  令和2年4月検針分からクレジットカードでのお支払いが可能となります。
  また、口座振替や窓口でお支払いできる金融機関も拡大します。

変更内容の詳細については、香川県広域水道企業団西讃ブロック統括センター(Tel:0875-25-5211)までお問い合わせください。

 香川県広域水道企業団西讃ブロック統括センターホームページ
 https://union.suido-kagawa.lg.jp/soshiki/37/6697.html<外部リンク>

下水道使用料の計算方法

 下水道使用料金は、水道水の使用水量を基にして計算されます。

  • 水道水以外の水(井戸水など)を使用している方は、ご連絡ください。
  • 下水道使用料は、口座振替等で水道料金と一緒にお納めください。
  • 水道水の使用水量と汚水として排出する水量が、著しく異なる場合は、その水量差を認定できる制度があります。(氷製造業等)

   下水道使用料金表と計算例 [PDFファイル/62KB](1か月分の料金)

  ※令和元年10月1日(令和元年11月検針分)より下水道使用料を改定(消費税率)しています。

下水道使用料に係る不服申立て等について

 この処分に不服がある場合には、この通知があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内に、観音寺市長に対して審査請求をすることができます(なお、この通知があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内であっても、この通知の日の翌日から起算して1年を経過すると、審査請求をすることができなくなります。)。                                          

 上記の審査請求に対する裁決を経た場合に限り、当該審査請求に対する裁決があったことを知った日の翌日から起算して6か月以内に、観音寺市を被告として(訴訟において観音寺市を代表する者は観音寺市長となります。)、処分の取消しの訴えを提起することができます(なお、当該審査請求に対する裁決があったことを知った日の翌日から起算して6か月以内であっても、当該裁決の日の翌日から起算して1年を経過すると処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。)。ただし、次の⑴から⑶までのいずれかに該当するときは、審査請求に対する裁決を経ないで処分の取消しの訴えを提起することができます。

 ⑴ 審査請求があった日の翌日から起算して3か月を経過しても裁決がないとき。
 ⑵ 処分、処分の執行または手続の続行により生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき。
 ⑶ その他裁決を経ないことにつき正当な理由があるとき。

新型コロナウイルス感染症の影響により下水道使用料のお支払いが一時的に困難になる場合

 新型コロナウイルス感染症の影響により下水道使用料のお支払いが一時的に困難となる場合は、水道料金と併せて香川県広域水道企業団西讃ブロック統括センターにてご相談をお受けします。

 対象となる方など詳細については、香川県広域水道企業団西讃ブロック統括センターまでお問い合わせください。

 香川県広域水道企業団西讃ブロック統括センターホームページ
 https://union.suido-kagawa.lg.jp/soshiki/39/6461.html<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)