ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 下水道課 > 下水道に油を流さないでください

下水道に油を流さないでください

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

 家庭や事業所で使われる油が川や海に流れ込むと、環境や生物などに重大な影響を及ぼします。また、配管に油を流し続けると配管の中で固まって詰まりや悪臭の原因になります。

身近な油の処理について

  • 使いきる 残った油は熱いうちに、こし器に移し他の料理に使う。
  • 吸い取る 古い油は新聞紙などで吸い取るか、油を固める製品を使い可燃ごみに出す。また、鍋や皿についた油汚れはふき取ってから洗う。
  • リサイクルする 回収を通じてリサイクルを行えば、石けん・燃料などに生まれ変わります。

飲食店のみなさまへ

  • オイルトラップの定期的な点検と清掃をお願いします。オイルトラップの清掃をしないと機能が低下して油脂が流れ、下水道管が詰まる原因になります。

下水道法における水質規制

  • 公共下水道へ排除する下水の水質については、下水道法において次のとおり規制されています。
  1. 下水道施設の機能を妨げ、又は施設を損傷するおそれのある下水を、継続して排除して公共下水道を使用するものに対し、公共下水道管理者は下水道条例で除外施設の設置を義務づけることができる。
  2. 終末処理場からの放流水の水質基準に適合させることを困難にさせるおそれのある下水の水質規制は、特定事業場を対象として直罰規制を行う法第12条の2と、非特定事業場を対象として条例で除外施設の設置を義務づける法第12条の11がある。
  3. 法第12条及び第12条の11に基づく条例で定める下水道への排除基準に適合しない水質の下水を公共下水道に排除している者については直罰制度は適用されないが、下水道法の規定による許可又は承認の取消等の監督処分が行われ、命令に違反した場合は罰せられる。

下水道法における水質規制のしくみ