ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建設課 > 観音寺スマートインターチェンジ(仮称)の新規事業化が決定しました

観音寺スマートインターチェンジ(仮称)の新規事業化が決定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月6日更新

観音寺スマートインターチェンジ(仮称)の事業化が決定しました

令和2年10月23日、国土交通省より発表があり、観音寺スマートインターチェンジ(仮称)の新規事業化が決定しました。

白川市長のコメント

 令和2年10月23日、国土交通省より発表があり、四国横断自動車道の観音寺スマートインターチェンジ(仮称)の「新規事業化」が決定されました。 
 今日に至るまでに、多大なご尽力を頂いた国土交通省、香川県、西日本高速道路株式会社をはじめ関係各機関に厚く御礼を申し上げます。
 本スマートインターチェンジが整備されれば、観音寺市中心市街地に最も近く、各拠点から高速道路へのアクセス性が向上することによって、物流面から企業活動を支援するほか、観光文化面では集客向上に、また、防災・医療面でも防災拠点として整備が図られるとともに、救急搬送にも効果を発揮するなど、多方面で観音寺市の発展に寄与するものとして、今後のまちづくりになくてはならない施設であると考えています。
 今後は、スマートインターチェンジの令和7年度末の供用開始を目指し、地元の皆様や関係機関と連携して事業に取り組んでまいります。

スマートインターチェンジ設置の伝達式を開催

 スマートインターチェンジと市道との連結を許可する伝達式が11月6日に市役所で行われ、国土交通省香川河川国道事務所長が、白川市長に連結許可書を手渡しました。

 詳しくは、とぴっくをご覧ください。

1


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)