ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とぴっく > 観音寺市国際交流協会 サリーからインド文化を学ぶイベント

観音寺市国際交流協会 サリーからインド文化を学ぶイベント

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月16日更新

2月28日、観音寺市国際交流協会が、インドの民族衣装「サリー」について学ぶイベントを開催しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ことしは会員限定で開催。
協会理事の小山ビクトリアさんが、サリーの由来や生地の種類、地域によっての着方の違いなどを説明した後、着付け体験を行いました。
全長約5メートルの色とりどりのサリーをまとった参加者は「動作が優雅になる」「手織りの生地がきれい」と話していました。

 

1  2

3  4

5  6

 

 


2021年度のとぴっく
2020年度のとぴっく
2019年度のとぴっく
2017年度のとぴっく
2016年度のとぴっく