ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とぴっく > 高嶋睦徳氏 著書『寒雀』寄贈に伴う表敬訪問

高嶋睦徳氏 著書『寒雀』寄贈に伴う表敬訪問

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月8日更新

 高嶋睦徳さんが、自身の著書『寒雀』を図書館・公民館などに寄贈され、9月2日に市長を表敬訪問しました。

 『寒雀』は、高嶋さんがこれまで創作した漢詩約630首の中から約400首を厳選してまとめた漢詩集で、読者に分かりやすいよう、全ての漢詩に解説文が記載されています。題材は動物や植物、歴史上の人物など多岐にわたる中、観音寺市を題材にした漢詩約50首も含まれています。

 高嶋さんは「退職後いろいろなことに挑戦したが、一番楽しいのは漢和辞典を引くことだと気付き、漢詩の世界にのめり込んだ。自分が夢中になれることを、多くの人に見つけてほしい」と話していました。

「寒雀」贈呈式 「寒雀」贈呈式

「寒雀」贈呈式 「寒雀」贈呈式