ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とぴっく > 第9回科学の甲子園ジュニア全国大会出場選手激励会

第9回科学の甲子園ジュニア全国大会出場選手激励会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月19日更新

 11月16日、第9回科学の甲子園ジュニア全国大会に出場する観音寺中学校2年の床田雅弥さんの激励会がありました。

 床田さんは、8月に行われた香川県大会で最優秀賞を受賞し、6人で構成される香川県代表チームのメンバーに選ばれました。同大会は、科学の楽しさや面白さ、科学と実生活・実社会との関連に気付き、未知の分野に挑戦する探究心や創造性に優れた人材を育成することを目的に行われています。チーム対抗で理科や数学、情報などの複数の分野で科学的思考力や技能を競います。

 白川市長が「全国大会に出場するということは大変偉業なこと。市にはノーベル賞候補になった方もいるので、そのような素晴らしい方にも負けないように、また賞をとれるように頑張ってください」と激励すると、床田さんは「全国大会は6人のチーム戦なので、友情や絆を深め、日本一を目指して頑張りたい」と決意表明しました。

 同大会は、12月3日アクリエひめじで開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため分散開催となり、県教育センターからリモートで参加します。

激励会

決意表明する床田さん 床田さん