ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とぴっく > 2人で勝ち取った日本一!全国ダンスパフォーマンスコンテスト

2人で勝ち取った日本一!全国ダンスパフォーマンスコンテスト

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月28日更新

 「全国ダンスパフォーマンスコンテスト2022」の中高生一般オープン部門のスモール(2人以下)編成に出場した観音寺第一高等学校2年の松浦咲幸(まつうらさゆき)さんと丸亀高等学校1年の大西彩巴(おおにしいろは)さんのペアが見事優勝!9月13日に佐伯市長を表敬訪問し、優勝報告をしました。

 曲のタイトルにもある「Destiny(運命)」をテーマに、2人の出会いから11年間の道のり、全国大会の場で踊るという運命を表現。

 佐伯市長は「すばらしい。日ごろの練習の成果が発揮できたのでは。世界に羽ばたけるよう、これからも高みを目指して頑張ってください」と今後の活躍に期待を寄せていました。

 松浦さんは「曲や構成、振り付け、衣装まで初めて2人で考えました。一緒に練習してきたことが報われてうれしかったです」と、大西さんは「11年間一緒にやってきた松浦さんは仲間であり、ライバルであり、唯一無二の存在。松浦さんと一緒に踊り、優勝できてうれしかったです」と話していました。

全国ダンスパフォーマンスコンテスト優勝報告会

全国ダンスパフォーマンスコンテスト優勝報告会 全国ダンスパフォーマンスコンテスト優勝報告会

全国ダンスパフォーマンスコンテスト優勝報告会

(写真左から)

大西彩巴さん、松浦咲幸さん